クリスタルアワード

「クリスタル アワード2020」レポート

(DIET&BEAUTY 秋号より抜粋)

日本のトップスパを決定する「クリスタルアワード2020」(スパ&ウエルネスジャパン、㈱コンセプトアジア共催)の表彰式が16日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催されたスパ&ウエルネスジャパン内イベントステージで発表され、SpaAgarosa/ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」がトップスパに選ばれた。

同アワードは毎年ノミネートされた120施設の中からTOP10SPA、さらにその中からその年のトップスパが選ばれる。

「SpaAgarosa」は、健康で長生きする人々が数多く居住する幸福度の高い地域「ブルーゾーン」の一つとして知られる沖縄において、石垣島の伝統や文化などをとりいれたメニューやサービスを提供している。またANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、今年8月に新館ガーデン内に「SpaAgarosa・Cabana」をオープン。沖縄の食文化とも深く繋がりを持つ伝統的な琉球ハーブや石垣産の塩を用いたアロマソルト、59種類もの栄養素を持つ藻の一種である石垣島産のユーグレナ配合のコスメブランド「B.C.A.D.」を取り入れたオリジナルトリートメントメニュー“命果報-NUCHIGAFU-”を提供している。昨年のスパプロフェッショナル部門(※今年は中止)でマネジメント部門に輝いたスパアガローザゼネラルマネージャーの奥村香織氏は、「2015年にリニューアルオープンしてから、何とか沖縄の良さや地元の人たちが受け継いできた伝統をスパで表現できないかと考え続けてきた。この先もスタッフ一丸となって業界の発展に取り組んでいきたい」と語った。

化粧品部門「B.C.A.D.」が受賞

また今回はスパ化粧品部門のTOPSPACOSMETICSにおいてSpaAgarosaのメニューにも取り扱われる石垣島産
ユーグレナ配合のスパブランド「B.C.A.D.」が受賞した。製造・販売を行う㈱ユーグレナ美容流通課副部長の直江秀信氏は「2014年から展開するミドリムシを基調とした化粧品で、これまで17年と19年にもTOP5に選んでいただいた。今回TOPを受賞できたこと、本当に感謝している。今後スパ業界にさらに貢献できるよう尽力したい」と語った。

 

Crystal Award Archive 過去の受賞スパ