コスモプロフアジア2016 【香港】 開催
コスモプロフアジア2016 【香港】 開催
 11月16日-18日アジア最大の美容展示会「コスモプロフアジア2016」(UBM Asia Ltd、BolognaFiere主催)が、香港コンベンション&エキジビションセンターで開催された。(原料、包装等の製造分野は、11月15日~17日、アジアワールドエキスポ会場で開催)。アジアを中心に世界各国から2,698社が出展(昨年比7.7%増)。来場者は過去最多となる76,818人(昨年比21%増)が来場し、熱い商談を繰り広げた。

〝美容大国日本″をアピール

 「コスモプロフ アジア」は、アジア最大の美容ビジネスショー。今年21 回目を迎えた。今年も世界49 の国と地域から企業・団体が出展し、最新の美容製品・トレンドが発信された。展示面積は2 会場合わせ約98,000 ㎡(昨年比17% 増)に拡大。ゾーンの内訳は、コスメ&トイレタリー36%、パッケージ& OEM 28%、ビューティサロン20%、ヘアーサロン11%、ネイル&アクセサリー5%。来場者の業種は、商社・卸やディストリビューター、美容サロンが上位。国別TOP10には、オーストラリア、中国、インドネシア、日本、韓国、フィリピンがランクインしている。来場者76,818 人のうち海外来場者は53,389 人(昨年比31% 増)を占めた。続きはこちら




2016/12/22 
エスグラ次期理事長に三谷氏

 11月16日、(一社)エステティックグランプリ実行委員総会が名古屋で開催され、2017年度(2017年7月~18年6月)の新理事長に、唯一の立候補であった三谷愛氏(株式会社エルピス代表取締役社長)が満場一致で承認された。今後、2017年9月の社員総会で第8 期理事就任した後、代表理事として正式に選出される。

 三谷氏は所信表明演説で強い覚悟を述べ、全実行委員会は「なぜエステティックグランプリの活動をしているのか初心に戻る良い機会にしたい」と捉えているという。

 三谷理事長が誕生すると、女性初の理事長となる。任期は第8 期、17年7月1日から。また総会では、エステティック業界に寄与する活動の一環として、3月6日の「エステティックサロンの日」や「エステティックウィーク(2月14 ~ 3月14日)」(エステティックウィーク推進委員会)が広く認知されるよう一般消費者向けの広報活動を強化していくことが確認された。

2016/12/19 
「フェイシャル・ボディ」自主基準策定
「フェイシャル・ボディ」自主基準策定
 (一社)日本エステティック振興協議会(理事長:滝川晃一)は12月8日、新たに策定した「フェイシャル・ボディエステティック自主基準」の概要説明記者発表会を行った。

 この基準は、業界各団体に寄せられる苦情件数の中で、フェイシャル、ボディトリートメントに関する内容が増えていることから、昨年6月に調査研究委員会(小林直子委員長)を発足し今回の発行にいたった。

 内容は大きく分けて、「衛生管理」「エステティシャンの教育」「エステティック機器使用」に関する基準の3つ。小林委員長は「エステティックは十分な知識と技術を習得して適切に行ってほしい。エステティック技術の有資格者や機器の安全管理責任者の配置は一時的な負担になるかもしれないが、将来的な繁栄につながる」と述べた。基準は同協議会のHPから購入可能。

 会では同時にエステティック業統一自主基準の改定(第3版)も発表された。
2016/12/08 
@cosme 2016年ベストコスメに「ザ アイシャドウ」
@cosme 2016年ベストコスメに「ザ アイシャドウ」
 株式会社アイスタイルは「アイスタイルカンファレンス2016」「@ cosme BEAUTYAWARD2016」を12 月1 日に都内で開催した。イベントを通じて同社の今後の事業戦略に触れるとともに、アワードの結果も踏まえ、これからのビューティ業界について展望した。

 第1 部のカンファレンスでは同社代表取締役社長の吉松徹郎氏が登壇し、@ cosme 立ち上げからE コマース、ストア、越境EC などこれまでの事業展開を振り返りつつ今後の戦略を語った。同氏は「百貨店は統廃合が進みアマゾン、楽天の通販が台頭、マーケティングや流通は大きく変化した。AI やIoT などITの進化であらゆる業界がさらに大きく変わっていく」と今後を分析。「化粧品業界は、情報が溢れ消費者が製品を選びづらくなっているが@cosme はユーザーと製品を強く結ぶメディアとしてこれからも変化していく」と強調した。

 続くアワードでは48,548 点の中から選ばれた58 部門の受賞アイテムが読み上げられ、総合大賞には「ザ アイシャドウ」(アディクション)が輝いた。同品は99色という幅広いカラーバリエーションや、自分だけのパレットを作れることが高い支持を得た。また複数回1 位にランクされた「ReFa CARAT」(MTG)など8 製品の「殿堂入り」が発表された。続きはこちら
2016/12/08 
第28回スリムクイーン決定
第28回スリムクイーン決定
(株)スリムビューティハウスは、11月24日、 「スリムクイーンコンテスト」 を開催した。

 同コンテストは、多数の応募の中から選ばれた女性が4ヵ月にわたってスリムビューティハウスのサロンに 通い、「どれだけ美しく、健康にスリムになれたか」を競う。今回は20~60歳代の18名の女性がステージに登壇し、その成果を披露した。審査の結果第28回のクイーンは大下明美さん(自由が丘店)に輝いた。大下さんは63.5キロから-18.4キロの減量に成功した。その他、準グランプリ2位は山本美智子さん(津田沼 店・-21.3kg)、準グ ランプリ3位に川口よ しのさん(イオン モール大高店・-17.3kg)、オリ エンタルエステ賞に猪俣寛奈 さん(仙台 店・−18.4kg)、フォトジェニック賞に河上絵里子さん(池袋ホテルメトロポリタン店・-14.0kg)がそれぞれ受賞した。

 同時に第12回スリムキングコンテストが開催され、原淳生さん(メンズスリム 渋谷店)、藤田裕喜さん(同左)の2名がキングに輝いた。続きはこちら
2016/11/30 
温泉総選挙 初開催
温泉総選挙 初開催
 11月25日、温泉総選挙2016(主催:うるおい日本、後援:環境省、観光庁)の表彰式が開催され、部門賞、メディア賞各8部門及び環境大臣賞の授与が行われた。

 同イベントは温泉地を持つ全国1,434の地方自治体を対象に、温泉地の魅力を発信する自治体の取り組みを審査するもので、今年が第一回目。

 環境大臣賞には、温泉地の個性を活かした独自の取り組みなどが評価され、玉造温泉(島根県・松江市)が受賞した。続きはこちら
2016/11/28 
就職フェアにエステティックも初参加
就職フェアにエステティックも初参加
 美容業界就職フェア「トータルビューティフェア」(主催:㈱セイファート)が11月21日に東京都内で開催された。29企業が参加し、多数の学生が訪れた。

 同フェアでは、これまでヘア・ネイルサロンや関連企業が中心に参加してきたが、トータルビューティの観点から参加対象の業種を拡大。。(一社)日本エステティック業協会の協力により、同団体の正会員企業・エステティックサロンも参加し、美容業界で就職を目指す学生らに事業内容の紹介を行うなど、出会いの場を広げた。

 28日には大阪での開催も予定している。

2016/11/25 
技能五輪代表エステティシャン決定
技能五輪代表エステティシャン決定
(一社)日本エステティック協会は、11月22日、第44回技能五輪国際大会アラブ首長国連邦アブダビ大会(ビューティーセラピー職種)の代表エステティシャンを発表した。

今年は最終選考に残った4名が、課題のフェイシャル・ボディ・メイク・ネイルで技能を競い合い、また面接では“海外でも勝ち残れる”人物が選考された。その結果、高橋由未歩さん(第9回エステティックコンテスト・スチューデント部門・応用部門第2位)が代表に選ばれた。

同協会では、前回のサンパウロ大会の三谷麗奈さんに続くメダリスト誕生に向け(三谷さんは銀メダル)高橋さんを日本代表エステティシャンとしてサポートしていく。大会は、2017年10月14日~19日に開催される。
2016/11/24 
【速報】コスモプロフアジア2016(香港)開幕!
【速報】コスモプロフアジア2016(香港)開幕!
 11月16日、アジア最大の美容展示会「コスモプロフアジア2016」(UBM Asia Ltd、BolognaFiere主催)が、香港コンベンション&エキジビションセンターで開かれた。今年もアジアを中心に世界各国から約2700社が出展し6万人以上の来場を見込んでいる。世界のビューティ製品・関係企業が一堂に会す。

「ジャパンメイド・ビューティ アワード」特別展示も
 21 回目を迎えた「コスモプロフアジア」は、世界のビューティ関係者が一堂に集まるビジネスマッチングショー。今年も世界23の国と地域から企業・団体が出展し、最新の美容製品・トレンドが出品される。

 今年のコスモプロフでは、日本が“COUNTRY OF HONOUR”(主賓国)に選ばれており「日本製品」にスポットが当てられている。日本貿易振興機構(JETRO)では、国内中小企業の商品を紹介する「Japan Beauty Showcase」を設置し、日本発の製品の発信を強化している。

 日本の地域発の美容健康資源を活用したアイテムのアワード「ジャパンメイド・ビューティ アワード2017」の受賞企業9社の特別展示も行われ、来場者の注目を集めた。続きはこちら
2016/11/16 
アロマ市場3,337億円に拡大
アロマ市場3,337億円に拡大
 (公社)日本アロマ環境協会(AEAJ)は、アロマ市場の構造と市場規模に関する調査を行い2015 年のアロマ市場規模は推計で3,337 億円(事業者小売売上高ベース)と発表した。前回調査(2011 年)比で126% 伸長した。

 調査ではアロマ市場を「アロマテラピー市場」と「精油配合製品等市場」で構成される市場と定義。内訳をみると「アロマテラピー市場」は609 億円で前回調査比95.6%、「精油配合製品等市場」は2,728 億円で同比135.2% となった。(詳細別表)。

 前回調査で全体の39% を占めていた「アロマ化粧品市場」(天然精油を配合したオーガニックを含む自然派化粧品)は1,294 億円(前回比131%)に拡大。特にオーガニック化粧品は381 億円(同比200%)と飛躍的に成長した。

 AEAJでは、ナチュラル志向が高まり、より簡単に香りを楽しみたいという生活者のニーズを背景に「アロマ化粧品市場」が今後も市場をけん引する大きな要因と分析している。また日本特有の植物から抽出した「和精油」が全国各地で生産されるなどヨーロッパ発祥のアロマテラピーが日本に浸透し独自の発展を遂げていると発表した。
2016/11/11