美容・健康産業関連の5団体が業界のこれからを語るセミナー実施

美容や健康に関連する業界団体の代表者が参加するイベント「美と健康サービス産業の今~業界団体の代表から」が9月9日、東京ビッグサイトで開催される。

同イベントは美容と健康ビジネスの総合展示会・ダイエット&ビューティーフェア2019(アンチエイジングジャパン/スパ&ウエルネスジャパン)内で行われ、聴講は無料。イベントでは美容・健康産業の関連団体の代表者らが最新の取り組みやインバウンドの影響、人材の課題、長寿社会、今後の業界の行方等をテーマに語り、業界関係者の情報共有を図る。また、経済産業省のヘルスケア産業課の担当官も参加する。

各団体の代表者は下記の通り。

参加団体代表(敬称略/順不同)
(一社)日本エステティック協会理事長 久米 健市/(一社)日本エステティック業協会理事長 天辰 文夫/(一社)日本フィットネス産業協会会長 吉田正昭/(一社)日本リラクゼーション業協会理事長 清水秀文/NPO法人日本スパ振興協会理事長 岡田友悟

イベントの詳細及び申込はこちら

2019/08/22 
「こどもデー」で“エステティック”を体験

経済産業省主催で夏休み期間中の幼児や、小・中学生向けに実施する体験型イベント「こどもデー」が8月7、8日に開催され、「キレイのスペシャリストを体験してみよう!」をテーマに、(一社)日本エステティック振興協議会主導でエステティック業界も出展。人形相手にエステティックマッサージ体験やお風呂に入れるバスボム作りなどを行い、多くの子どもたちで賑わった。

続きはこちら

2019/08/15 
クリスタルアワード投票受付開始!

スパユーザーとスパジャーナリストが選ぶ日本のトップスパ「クリスタルアワード2019」(スパ&ウエルネスジャパン、㈱コンセプトアジア共催)の投票が始まった。

一般投票期間は8 月16 日迄。ノミネートされた国内の約120 施設の中から、トップスパにふさわしいスパを5 施設まで投票可能。昨年のトップスパには「ザ・リッツ・カールトン スパ& フィットネス/ザ・リッツ・カールトン東京」が選ばれた。今年の日本のトップスパ施設は9月10日、「スパ&ウエルネス ジャパン」のステージにて発表される。

投票はこちらから

2019/08/06 
日本アンチエイジング歯科学会が第14回学術大会を開催

日本アンチエイジング歯科学会では7月13、14日、第14回学術大会を北海道札幌市で開催。“真の花”をテーマに、多彩な基調講演やセミナーが行われた。

大会テーマの「真の花」は、能の大成者・世阿弥が説いた芸道論で、観客に感動を与える力を「花」とし、“表現した鍛錬と工夫の末に得た、芸の真実の面白さ”を“まことの花“と表現している。「アンチエイジングのプロフェッショナルである我々はアンチエイジングに「真の花」を見出すべきである、と私は考えます。一時的な若々しさを超え、深みのある美しさである「真の花」をアンチエイジングの真髄として普及できるよう、本学術大会で追い求めたい」と越智守生大会長は話す。

詳細はこちら

2019/08/02 
第9回エステティックグランプリが決定

第9回エステティックグランプリ(エスグラ)」が7月1日にセミファイナル、2日にグランプリファイナルをパシフィコ横浜で開催。「フェイシャル技術部門」では「Bmc(ビーエムシー)」(秋田)の笹川麻世氏がグランプリに輝いた。

今大会では「顧客満足サロン部門 ランキングコース」にエントリーした全国414サロンの中から上位にランキングしたサロンが各部門のエリアファイナル、セミファイナルに進出。勝ち抜いた3サロンがグランプリファイナルに出場した。グランプリファイナルでは約2500名の来場者が見守る中、代表サロンによる施術ステージ及びプレゼンテーションが披露された。「フェイシャル技術部門」のグランプリは“最も受けてみたいと思う施術”をしたエステティシャンが選ばれ、観客得票数が最多のBmc笹川氏がグランプリを受賞した。また「モデルサロン部門」ではANDEALなかもず店がグランプリを受賞。同店は顧客満足部門でも第1位を獲得した。

詳細はこちら

2019/07/28 
補償制度の充実や新試験・資格制度の構築で会員数拡大を((一社)日本リラクゼーション業協会)

一社)日本リラクゼーション業協会が6 月28 日、第12 回定時総会を都内で開催した。総会後は、財務省主税局課長補佐の加藤博之氏による軽減税率制度についての説明会が行われた。

平成30年度は「魅力ある協会づくり」を事業方針として、“人材不足の解消”、“魅力ある賠償保険制度の構築”、“魅力あるセミナー・勉強会の提供”、“魅力ある資格制度の構築”等を掲げ、リラクゼーション業補償制度の充実やリラクゼーションゼミナールの受講環境改善、講座内容のリニューアルなどを実施した。また、「リラクゼーションセラピスト1・2級試験」の一般公開に向け、試験内容やテキスト改定などの準備、業界のイメージアップを図る映画「(仮)癒やしのこころみ~自分を好きになる方法」(2020年公開予定)の後援事業にも着手した。

詳細はこちら

2019/07/25 
協会の新理事長に仲宗根氏(日本ネイリスト協会)

NPO 法人日本ネイリスト協会は6 月19 日、2019年度第14 回通常総会を都内で開催。任期満了に伴う理事・評議員の改選が行われ、新理事長に仲宗根幸子氏が就任。瀧川晃一前理事長は、最高顧問・理事に就任した。今回の改選で新たに専任された理事・評議員の任期は2019年7月1日~2021年6月30日まで。

2018年度事業報告では、教育分野では教育教材として「JNAテクニカルシステム~フットケア~」を完成。本年度よりスタートする「JNAフットケア理論検定試験」の構築に取り組んだ。同会主催のアジアネイルフェスティバル イン 大阪や東京ネイルエキスポでは、「ネイルJAPAN~ネイルケアで世界イチ“指先の美しい国”へ」を掲げ、国内外に協会の活動を発信した。また平成30年度東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞を仲宗根理事長(当時会長)が「ネイリスト」として初めて受賞し、ネイリストという職業の社会的地位の向上に貢献したと報告された。

詳細はこちら

2019/07/20 
CIDESCO-NIPPONが第11回定時総会を開催

(一社)CIDESCO-NIPPON は6 月18日、第11回定時社員総会を開催した。 2018年度事業報告、収支決算報告、続いて2019年度事業計画案、収支予算案が審議され、全員一致で可決された。

2019年度の総括方針では、本部と連携のもとCIDESCO のブランド価値の向上、セラピスト同士の交流活動の強化、CIDESCO認定校との連携による試験実施の円滑化、認定・会員サロンの一般顧客に向けた広報活動、シグネチャートリートメントの普及と国際認定サロン登録数増加等の項目を掲げ、重点的に活動に取り組んでいくと報告された。国際試験及びスクール試験や講習会の実施。CIDESCO-NIPPONアンバサダーによる認知度向上に向けた広報活動。ダイエット&ビューティーフェアなどの展示会への出展及びセミナーの開催。認定サロンへのサポート、CIDESCO 世界会議アメリカ大会への参加などを計画している。

詳細はこちら

2019/07/15 
日本エステティック機構が新たに7事業者を「優秀事業者」として表彰

NPO 法人日本エステティック機構では6月18 日、「エステティックサロン認証制度」に基づく認証サロンを長年に亘って運営してきた事業者を表彰する「第2回優秀事業者」表彰式を都内で開催した。今年「三ツ星」認証マークを獲得したサロンを運営する7 事業者が表彰された。

「エステティックサロン認証制度」は、日本エステティック機構が48 項目にわたる審査を行い、合格したエステティックサロンに認証マーク(㊜マーク)を付与する制度。「三ツ星」マークを獲得するには、最初のサロン認証審査を合格後、3 年毎に実施される3 回の更新審査を合格する必要がある。現在、452サロンが認証され、そのうち166サロンが「三ツ星」認証を獲得している。

詳細はこちら

2019/07/10 
登録施設の拡大にキャンペーンやウェブを通じた販促活動を展開(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会)

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会では6月28日、令和元年度シルバースター部会総代会を開催した。
平成30年度は、シルバースター登録施設のPR事業として、抽選で1万円の宿泊補助券が当選するキャンペーンやチラシ配布、公式HP「宿ネット」での告知などを実施。さらに9月の「スパ&ウエルネスジャパン」に協賛し、ブースでの出展、中村実彦シルバースター部会長が「高齢者、訪日客が増える新市場にどう順応するか」をテーマにセミナーを行った。

続きはこちら

2019/07/01